今こそ働き方革命の時

決心権者を紹介してもらう事によって、短期的に考えればおっしゃる通り物事の決着に繋がるかもしれませんが、組織の役割を超えトップダウンで進行した事から、現場からの抵抗があります。

 

経営者というのは、会社を経営していく中で実にたくさんな問題に直面する事となります。

 

未来に向けての資金繰り、労使問題、売上膨れ上がるを実現する諸々な対策など、こうした経営上の決着するべき問題への対策手段としまして、各方面のエキスパートがいたり、多面的なソリューション、働き方革命などが供給されています。

 

現場の人の心情を腹積もり、トップの影響力をびしっと見極め、瞬間と折衝する順番、折衝中身など、諸々な観点から思い描くのが働き方革命なのです。

 

それを実現するためには、目先の結果にとらわれるのではなく、広い視野の観点から結論していく事が大事なのです。

 

これらのソリューションというのは、ただ単に導入すれば良いというワケではなく、如何なる経営決心をして、どれほどの手段をピックアップするなどを正しく見極めなければいけません。

 

一例を挙げれば、決心権者を紹介してもらう事例、決断権者とコンタクトが取れるからと、安易に紹介してもらうのは避けなければいけない事もあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ